ホームセキュリティの選び方

ホームセキュリティの選び方

ホームセキュリティの選び方

 

ホームセキュリティは、長く付き合うものです。 会社選びは勿論、システムもしっかり検討して契約する必要があります。

 

各社様々なサービスがありますが、途中で変更できる契約の部分と全く変更できないことなど色々難しい事があります。

 

今の契約の多くは、契約時の負担を少なくして機器代金を毎月の費用に含め、契約期間を延ばすというタイプの契約があります。

 

契約期間が長い場合、途中で解約できない契約もあります。今の携帯電話の契約に似ています。

 

その契約が嫌な場合は、初期工事費と機器代金などを先に支払う契約形態があります。

 

多くの契約は初期費用を抑えた契約を選ばれているようですが、考え方として長く使う、長くここに住むという考え方が一般的なのでしょう。

 

ホームセキュリティを契約する家庭というのは、今までかなり裕福な家庭という状況も有ったかと言えます。

 

経済的にゆとりのある家庭がホームセキュリティを契約していたと言えますが、その市場も一通り契約してしまえば、次の市場はその他の家庭となります。

 

つまり一般的な経済状態の家庭です。その家庭にホームセキュリティを入れて貰うという市場開拓が必要です。

 

そうなるとイニシャルコストを抑えた商品設定が必要になります。

 

そういった市場へのアプローチがイニシャルコストを低く押え、長期契約で回収するというかたちになります。

 

様々な契約や商品があります。最も重要な非常時に駆けつけるという部分でのクオリティもよく検討して契約したいところです。

セキュリティは比較して選ぶ時代

セキュリティは比較して選ぶ時代

 

今までは、法人や公的な施設が警備を導入するのが一般的でした。

 

しかし、近年警備の機器が安価で作られるようになり、通信インフラが発達したことにより警備のクオリティの向上と設備インフラを安価に構築運営することが可能になりました。

 

その背景があって現在のサービスが実現しました。 

 

しかし、ホームセキュリティの市場には誰もが簡単に参入することはできません。

 

事業の規模など相当の組織力が無くては出来ません。

 

そんな中でも複数企業の競争も有り、シェア争いもあります。

 

基本情報では、トップ独走状態のセコム、2番手はアルソック、3番目はセントラル警備保障となっています。

 

また、各地域に限定されたホームセキュリティ会社もあります。

 

関西でも大阪の都市部のみになりますが、関西電力がホームセキュリティを提供しています。

 

都内では東京ガスもサービスを提供していましたが、極最近に事業継続を断念したようです。

 

人件費とサービス提供エリアなど様々な要因が経営を圧迫するというシビアな事業であることも事実です。



新着サイト
サ イ ト 名P Rリンク
1ヴィトゥレ口コミ 50
トップページ紹介サイト
サ イ ト 名P Rリンク
1http://worldagro2012.net/ 10